信州大学 お問い合わせ

文部科学省/課題解決型高度医療人材養成プログラム事業

事業概要

1. 目的

がん・難病・重症児など、これまで不足していた新たなニーズに対応し、
切れ目ない医療提供と地域在宅ケアを促進するため、
そのコアとなる看護師在宅療養支援リーダーの育成を目指します。

本事業の教育プログラムは、(1)知識を学ぶ学習プログラム、(2)モデルプログラムを実際に体験する演習プログラム、(3)難病やがん患者への実習に加えて、互いに異なった職場を経験する実習プログラムから構成されます。5年間で在宅療養支援リーダー20名以上の養成を目指します。
本学では、すでに保健学科-附属病院看護部との教育連携や、e-learningシステムおよびWeb会議システムを有し、長野県下を網羅した学習プログラムの配信が可能です。さらに本学では継続教育の一環として、様々な専門コースに関するモデルプログラムができつつあり、これらにチーム医療の視点も加え、学生参加も可能なプログラムを開発し、長野県内の退院支援および在宅療養支援基盤の整備と質の向上をねらいます。

2. 概要図

概要図

 

ページ先頭へ