信州大学 お問い合わせ

文部科学省/課題解決型高度医療人材養成プログラム事業

演習プログラム

一般的な在宅療養支援および
「がん」「難病」「重症児」在宅の3領域に対応できる
実践力を修得する

信州大学医学部附属病院 看護部の専門コース等で開講される研修を、e-learning教材と必要時スクーリングにて受講します。
口腔ケアや褥瘡予防など、在宅療養に必要な生活援助に加えて、がん・難病・重症児在宅医療の3領域に特化した、チーム医療の視点を含めた高度な専門的知識や技術の修得を目指します。
また、災害と在宅医療について考える科目を配置すると共に、地域連絡ノート(仮称)を作成し、患者家族-医療者間の連絡が途切れることなく行えるようなシステムの作成を行います。

カリキュラム

【以下の中から必修コースを含め、計120時間以上の取得】

【必修コース】
がん治療・看護
コース
「最新のがん治療」「化学療法看護」「治療期の看護」「痛みのケア」「再発進行期の看護」「看取りの看護」等を学びます
難病ケアコース 筋萎縮性側索硬化症を主に診断、治療、在宅のケア等の講義を受講します
重症児在宅医療
コース
重症児在宅療養児の医療、ケアの現状と課題を学びます
感染管理コース 感染対策の基本、在宅での感染予防等を学びます
災害と在宅医療
コース
地震、火災、気候災害などの際の在宅療養患者に必要な援助と情報伝達手段等を学習します
在宅療養支援
システムコース
地域で暮らす在宅療養患者や家族に対する地域支援ネットワーク体制について学ぶとともに、実習プログラムの企画および地域連絡ノート(仮称)のフォーマット作成の検討をします
【選択コース】
呼吸ケアコース 「呼吸不全の病態」「呼吸リハビリ」「気道管理と看護」等を学びます
救急看護コース 「循環」「循環シミュレーション」「呼吸」「呼吸シミュレーション」を学びます
褥瘡ケアコース 「褥瘡の発生要因」「褥瘡予防ケア」「褥瘡処置方法」「褥瘡と栄養」「症例検討」を学びます
糖尿病看護コース 「糖尿病の疾患理解」「食事療法と療法支援」「糖尿病の薬物療法」「血糖値の見方」「患者のセルフケアを支える援助」を学びます
摂食・嚥下障害看護
コース
「摂食・嚥下のメカニズム」「口腔ケア」「評価に応じた経口摂取開始」「看護の実際」を学びます
退院支援コース 「退院支援の流れ・連携」「意思決定支援」「がん患者の退院支援」「地域連携」を学びます
フィジカル
アセスメント
消化器系、呼吸器系、脳神経系、循環器系、事例のシミュレーションを含みます
看護技術研修
コース
スキンケア、輸液ポンプ、静脈注射、吸引療法、酸素療法、導尿のスキルを再確認します
在宅看護・介護提供者
への支援
在宅看護・介護を実践している家族の健康を維持するための、身体的、精神的援助に関する知識、エクササイズを学びます
ページ先頭へ