信州大学 お問い合わせ

文部科学省/課題解決型高度医療人材養成プログラム事業

  • ホーム
  • プログラム概要・履修スケジュール

プログラム概要・履修スケジュール

概要

教育プログラムは、(1)知識を学ぶ学習プログラム、(2)モデルプログラムを実際に体験する演習プログラム、(3)難病やがん患者への実習に加えて、互いに異なった職場を経験する実習プログラムからの3部から構成されます。

学習プログラム演習プログラム実習プログラム

履修環境

信州大学医学部 地域保健推進センター

信州大学医学部 地域保健推進センター

保健分野での地域貢献を推進するために、平成26年保健学科北校舎東側に開設されました。実践力のある在宅療養支援リーダー育成事業においても学習プログラムの受講などに利用します。

信州大学医学部附属病院

信州大学医学部附属病院

特定機能病院として高度な医療水準で医療の発展に寄与するとともに、地域医療機関の中心的存在として県民の健康管理と医療の指導的立場を担っています。在宅療養を支援する皆さんとの連携を強化するとともに、皆さんとともに在宅ケアの質の向上を目指して演習プログラム、実習プログラムをサポートします。

<その他実習施設>

長野県立こども病院

長野県立こども病院

長野県における小児周産期医療の最後の砦として、こども達のために質が高く安全な医療を提供するとともに、急性期から在宅医療まで患者さんの健康レベルにあった看護を提供しています。患者支援・地域連携室があり、診療科枠を超え医療・保健・福祉を統合して援助することを目指しています。実習プログラムで受講生をサポートします。

訪問看護ステーション

訪問看護ステーション

在宅療養を支える訪問看護ステーション。長野県内の訪問看護ステーションと連携して、実習プログラムを行い、実践力のある在宅療養支援リーダーを育成します。

<履修サポート体制>

いつでもどこにいても自由に学ぶことができる教育環境を提供します。

履修スケジュール

<第Ⅱ期生スケジュール>
平成28年度
9月~
平成29年4月
受講生確保のための勧誘と事業開催の趣旨説明、講演会の開催
平成29年度
1月~4月
受講生募集期間
6月
開講式・本事業の説明とオリエンテーション
6月~3月
在宅療養支援に関する学習プログラム・演習プログラムの提供と評価
公開講座や特別講演への参加(3回程度) スクーリングの実施
平成30年度
4月~10月
特定疾患に関する高度な看護技術・知識の修得
6月~9月
実習プログラムの展開と評価、公開講座や特別講演への参加
12月
成果発表 修了式
ページ先頭へ