信州大学 お問い合わせ

文部科学省/課題解決型高度医療人材養成プログラム事業

修了要件と履修証明書

修了要件(ディプロマ・ポリシー)

教育プログラムについて計240時間以上を修了し、各プログラムのレポート評価が60点以上であり、以下の項目について実践力、判断力があると総合的に認められることが修了要件となります。

  1. 退院指導や在宅療養支援の中核として機能できる実践力と指導力・判断力。
  2. 一般的な在宅療養のみならず、難病・がん・重症児在宅の3領域の患者家族に適切に対応し、その人らしく生きるためのケアが提供できるとともに、災害時や緊急時、看取り時にも適切な対応ができる能力。
  3. 切れ目のない在宅療養支援システムを理解し、他職種との連携を強化したチーム医療が推進できる能力。
  4. 卒前教育として、在宅療養支援に関する専門的知識や技術を身につけ、これらの領域への関心を高めること。

履修証明書と単位認定

上記の修了要件を満たした受講生に対して、信州大学が発行する「在宅療養支援リーダー育成プログラム履修証明書」が授与されます。

本事業では、本プログラムを修了した看護師のキャリアアップへ繋げられるよう、看護協会の認定する資格化に向けて成果を蓄積し提案していきます。

また、本プログラムを受講した本学学部学生については、在宅療養支援リーダー判定委員会の判定結果を保健学科教務委員会に報告し、合格した場合には該当する科目の単位修得の一部に加えることが可能です。

ページ先頭へ