信州大学 お問い合わせ

文部科学省/課題解決型高度医療人材養成プログラム事業

平成30年12月8日(土)第Ⅱ期成果発表が開催されました

2018-12-27

日時:12月8日(土)10時~15時
場所:地域保健推進センター3階多目的講義室

◇概要
第Ⅱ期は課題抽出・評価法という科目を設定し、開始当初から4回に渡り、メンターの指導のもと、受講生に事業開始当初より自施設あるいは自施設の所属するにおける課題に取り組み、事業修了時にその成果を報告してもらうこととした。個人あるいはグループで課題に取り組み、最終的に20課題について報告がされた。第Ⅱ期はすべて口演による発表であった。テーマは、退院支援に関するもの5題、病院看護師・訪問看護師間の連携に関するもの5題、多職種連携によるもの4題、訪問看護・家族支援に関するもの6題の計20題が報告され、活発な質疑が行われた。発表会終了時には坂口プロジェクトリーダーより各演題に受講生の約1年半にわたる努力と発表内容に対し寸評とともに賞賛があった。 また、当日は来賓として、事業開始当初よりとして訪問看護師の立場から支援していただいたアドバイザー3名、長野県看護協会長や県下の病院看護部長等本授業の外部評価委員にもご出席いただいた。また、発表された演題について、運営委員間で評価表をもとに評価を行い、その結果により優秀演題を閉講式で表彰することとなった。


ページ先頭へ