信州大学 お問い合わせ

文部科学省/課題解決型高度医療人材養成プログラム事業

2016年8月10日(水) シンポジウムが開催されました

2016-08-19

日 時:平成28年8月10日(水)13時~16時

会 場:信州大学医学部旭総合研究棟 講義室A・B

 

◇テーマ

「在宅療養支援を具体的にどう進めるか~病院での退院支援を考える~」

 

◇シンポジスト

角田 直枝  先生 (茨城県立中央病院・茨城県地域がんセンター 看護局長)

伊藤 みほ子 先生 (下伊那赤十字病院 看護部長)

北澤 彰浩   先生 (佐久総合病院 診療部長・地域ケア科医長)

 

◇座長

池上 俊彦 (信州大学医学部保健学科 教授)

仁科 直美 (信州大学医学部附属病院 医療福祉支援センター 地域医療連携支援室長)

 

◇概要

角田直枝先生、伊藤みほ子先生、北澤彰浩先生をお迎えして、地域包括ケアや退院支援に関わる活動をご紹介いただきました。

在宅療養支援における看護の力の重要性を再確認するとともに、在宅療養支援の質を向上させるためには、専門職同士が積極的にコミュニケーションを図ることが必要であることを共有することができました。

尚、当日は県内各地の医療職者等、206名の参加がありました。

 

1写真2写真                                                                           左から北澤先生、伊藤先生、角田先生

 

ページ先頭へ