信州大学 お問い合わせ

文部科学省/課題解決型高度医療人材養成プログラム事業

在宅療養支援システムコース①

2016-04-23

概要

病院、在宅と療養の場の移行に伴い、支援者間の連携が必要になる。その中でも看護師の役割は重要であり、在宅療養支援リーダーの期待は大きい。連携の目的は何か、何を大切に支援者は情報交換・共有をしていけばよいか、その留意点は何か。病院、在宅の双方の立場で、送る側で工夫している事、受け取る側で課題と感じていることを伝えあい、在宅療養支援リーダーとして取り組めそうな課題を見出し、実践に繋げる手がかりを探る。(受講者総数51名)

小林 美佐子 先生

小林 美佐子 先生

0423-4 0423-20423-3

ページ先頭へ