信州大学 お問い合わせ

文部科学省/課題解決型高度医療人材養成プログラム事業

特別講演開催のお知らせ

2016-03-31

・開催日時 :平成28年6月11日(土)13時~15時

・講師   :秋山 正子 先生

・講演テーマ:

「最期まで自宅で過ごす~この町で健やかに暮らし、安心して逝くために~」

- 訪問看護が支える暮らしの中の看取り-

・開催場所:長野県看護協会会館4階大ホール

【講演内容】高齢で1人暮らしになり、病気や不安を抱えて医療や介護が必要になったとき、あなたはどこでどのように暮らしたいですか?どうしたら、住み慣れた地域や家で暮らし続けることができるでしょうか。NHK「仕事の流儀・プロフェッショナル」に出演した秋山正子氏のお話しから、最期まで自宅で過ごすためのヒントを一緒に考えてみませんか。

【講師紹介】 1973年 聖路加看護大学卒業。1992年から新宿区を中心に訪問看護に従事。2001年ケアーズを設立し独立。白十字訪問看護ステーション・白十字ヘルパーステーション統括所長、NPO白十字在宅ボランテイアの会理事長、30年後の医療の姿を考える会会長などを務める。2011年7月から「暮らしの保健室」を運営、現在に至る。

Untitled

 

 

 

 

*詳細は追ってお知らせします。

保健学科事業担当者 : 坂口、深澤

連絡先: 看護GP事務局 TEL0263-37-2386  E-mail: leadergp@shinshu-u.ac.jp

(事務局担当:フジサワ)

 

ページ先頭へ