信州大学 お問い合わせ

文部科学省/課題解決型高度医療人材養成プログラム事業

平成27年度第2回FD研修会 実施報告

2016-03-09
開催日時 平成28年3月9日(水)13:30~15:00
会場 信州大学医学部地域保健推進センター3階多目的講義室
講師 聖路加国際大学看護学部教授 山田 雅子先生
テーマ 「地域包括ケアと看護の役割」
参加人数 55名

概要

研修会の目的は、①基本的に地域包括ケアシステムが基本的にどのような考えでつくられているのか、その中で看護の役割をどう考えるのか。②現在、行われている地域包括ケアシステムづくりの活動例。③受講生が今後地域包括システム構築の中で活動していくにあたり、われわれが学びに機会をどう作ったらよいか、であった。前半は講演、後半は「ワールドカフェ」というグループワーク形式で「長野のこの地域で、住民を看護するとはどういうことか」をテーマに検討を行った。本看護GP担当者および受講生も交えて、地域包括ケアと看護の役割について、改めて学習する機会となった。

講師の山田雅子先生

講師の山田雅子先生

全体の様子

全体の様子

座長 深澤教授・平林教授

座長 深澤教授・平林教授

金井 統括責任者 挨拶

金井 統括責任者 挨拶

グループワークの全体の様子

グループワークの全体の様子

グループワークの様子

「ぬいぐるみ」を持った人に発言権があります。最後まで意見を聞く姿勢を大切に。

497_05497_06

グループワークの成果①

テーマ「長野のこの地域で、住民を看護するとはどういうことか」について自由に意見交換したもの

497_07

グループワークの成果②

「本日のFDでの学び」を、ふせんに文章にしてまとめたもの

497_08

ページ先頭へ