信州大学 お問い合わせ

文部科学省/課題解決型高度医療人材養成プログラム事業

呼吸ケアコース

2016-02-20

概要

在宅・施設・病院でも呼吸ケアの中で気道管理は課題であり、今回、排痰を目的とした呼吸理学療法のアセスメントの講義とポジショニング(背臥位・側臥位)呼気介助・カフアシスト導入方法の演習を行った。理学療法士の呼気介助の体験やカフアシストの機器を実際に操作する体験ができた。(受講者総数53名)

山崎 忍 先生

山崎 忍 先生

百瀬 公人 先生

百瀬 公人 先生

0220-7  0220-8

ページ先頭へ