信州大学 お問い合わせ

文部科学省/課題解決型高度医療人材養成プログラム事業

介護ロボットHAL試用説明会

2016-02-15
日時 平成28年2月15日(月)14:30~15:30
場所 保健学科北校舎4階看護学実習室Ⅱ
出席 看護部3名、保健学科10名

介護ロボットHALの試用説明会が大和ハウス担当者により開催された。
介護ロボットHALは、移乗介助のような介助動作において腰部にかかる負荷を低減することで、腰痛を引き起こすリスクを減らし、これまで通りの介護を楽に行うことができ、支えられる側だけでなく、支える側も支援する器械である。非防水性だが、今後防水性も開発予定になっている。
説明会では、看護GP担当者が試用して、重い荷物の持ち上げ動作や移乗介助動作などを行い、腰部等にかかる負荷について体験した。

517_00517_01

専用のセンサーを貼り、装着します。

517_02517_03

(記録:保健学科 芳賀亜紀子)

ページ先頭へ