信州大学 お問い合わせ

文部科学省/課題解決型高度医療人材養成プログラム事業

看護管理①

2015-09-19

概要

医療の流れは従来の『医療施設での長期にわたる入院治療』から例え医療依存度の高い状況であっても『在宅での治療・療養』という形が望ましいということは周知の通りである。平成26年『地域における医療および介護の総合的な確保を推進するための関係法律の整備に関する法律』が成立した。これによって医療の現場や介護、在宅の状況はどの様に変化するのか、また看護管理上どう対応していくのかなど課題が大きいと考えられた。
そこで、「そもそも地域包括ケアとはなんぞや」から、国の施策、今後の日本の医療の方向性など、ユーモアを交えながら講義をしていただいた。(受講者総数132名)

森山 幹夫 先生

森山 幹夫 先生

572_01572_02

572_03572_04

ページ先頭へ